ようこそ東京品川にある日野屋のワインセラーへ。フランスワイン・ドイツワインを直輸入しております。ようこそ東京品川にある日野屋のワインセラーへ。フランスワイン・ドイツワインを直輸入しております。

ドイツの旅

およそ北緯50度に位置するドイツのワイン産地は日照時間のハンディーを克服すべく、うまく傾斜を利用して作付し日没まで太陽が当たるよう工夫されております。
畑の管理者にしてみれば、平坦地に比べ、過酷な労働を余儀なくされますが、この傾斜のお陰で水はけや風通しが良くなり、葡萄の木を病気から守り、すばらしい酸の乗ったワインが生産されます。
ドイツならではの土壌特性や地理的条件で生まれたワインに含まれる酸は世界に類のない、上品で、煌びやさはまさに芸術品です。

正面の急斜面はモーゼル地方カンツアマーアルテンベルクの畑です。一日中、太陽に顔を向けているこの畑からは、毎年安定した品質のワインが造られ、ヴィンテージによる出来不出来を感じさせません。
もちろんワインに含まれる酸はデリケートで上品。
心地よい余韻は疲れを癒してくれます。

フランス国境にほど近いモーゼル・ザール地方はゼーリガー・ヘレンベルクの畑で、最上部から撮影した画像で畑の下、軌道と道路の先はモーゼル川です。
この急斜面畑は機械での作業は不可能で熟練した作業員がすべて手作業で剪定から収穫まで行います。
当社扱いのドイツワインの中では最も急斜面な畑から生まれたゼーリガー ヘレンベルグ リースリング カビネットの繊細さを是非おためしください。

ライン河に向かって広がるこのなだらかな南向き斜面は昼と夜の寒暖の差が激しくピノノアール種に最も適した畑です。
早くからピノノアール種を植え、成功を収めたこのハンスラング醸造所のワインはボルドーでのワインコンクールにて金賞を受賞。
ベルリン屈指のケンピンスキーホテルをはじめとして、ドイツ国内の有名ホテルやアメリカでも高く評価されております。

モーゼル地方ではあまりにも有名なこのピースポーターの畑は広大でダイナミック。
私の撮ったこの写真からでは、そのスケールの大きさは感じ取れないのが残念ですが、
世界に名前をとどろかせるには、これだけの規模なのかと実感した次第です。

この畑はファルツ地方のアンセルマン醸造所のゲヴェルツトラミナー種が植えられております。
ご覧のように比較的平坦地ですので、急斜面の畑から比べますと水はけは良くありませんので、木と木の間に雑草を植え、水分をこの雑草に吸収させております。
ワインの特徴はシャープで繊細な急斜面でのワインと比べ、まろやかでふくよかな味になります。
果実味が豊富で穏やかな味わいをおためしください。

Copylight(C)2012 Allright reserved HINOYA.CO.,LTD.